アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ピピと創る余生の記録
ブログ紹介
75歳からの再出発、我が”たそがれ人生”は、生まれて初めて犬と生きざるをえない境遇に追い込まれました。 ▼2005年2月14日のことです。私に大事件が出来しました。75歳のこのトシにして回心させられた“文化大革命”とも言うべき大事件です。  ▼私は、これまで犬・猫とは無縁でした。と、言うより、はっきり言って嫌いでした。特に猫など、足下に身体をすり寄せてくると、ゾッとして鳥肌が立ちます。  ▼そんな私に、娘が子犬を貰ってきたのです。自室で養育するから、親内は絶対、迷惑かけないから、というのです。  ▼大激論の末、娘の自室から一切、出さない条件で認めることにしたのですが、翌朝、朝食のテーブルについてフト、足下を見ると、何と! クロワッサンもどきが二つ。言わずと知れたウンチではありませんか! ▼こうして犬に振り回される悲惨な老後人生が始まりました。何の因果で、人生も晩年、この苦を抱え込むのか? 悪戦苦闘の記を綴ります。毎回、写真をクリックして、単独ページでゆっくりご覧下さい。もう一度クリックすると、写真は更に大きく拡大します。
zoom RSS

溜まるストレス

2005/11/07 10:57
画像
 ★ピピです。お久しぶりです。折角、お越し下さった皆さまに申し訳ございませんが、今日は、一つ、私の嘆きをお聞き下さい。今朝、私は、飼い主・mz娘と、その両親のヒンシュクをかいました。砂利を敷き詰めた庭を掘り起こしたからです。★確かに、言われてみると、そうですね。この家をぐるりと取り巻く砂利道。もう十数カ所がこの状態です。でも・・・私にも言い分が。実は昨日、嵐のような荒天候で一日中、マイ・ログハウスでふるえていました。ストレス発散の必要があったのです。それを分かってくれません。ナンギやな、人間って。自分の都合だけで文句、言う。文句の前に散歩に連れて行ってヨ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


昼寝の愉しみ

2005/10/27 20:44
画像
★日一日と深まる秋です。高原の朝はかなり冷え込むようになりました。でも、前日の天気予報で「明朝は快晴」と報じられた日の朝は絶景です。高原を取り囲む四方の連山の山裾は雲海で包まれます。★でも・・・私は眠い。「早寝遅起き」の自堕落な生活で、いつもパパ爺に怒られています。10月も末になると、そろそろ、小春日和を思わせる日があります。今日は、その季節に入った前兆を痛感させる一日でした。★そこで・・・・定番、私の十八番。もう天国ですよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


芳しき吉備高原の朝

2005/10/21 09:42
画像
 ピピです。吉備高原も、このところ朝夕の冷え込みが身に堪えるようになりました。心配性の飼い主・mz娘は、私のログハウス全体を毛布でくるんでくれました。おかげでポカポカ暖かい。部屋に籠もったまま、「早寝遅起き」の今日この頃です。★でも、午前8時半から9時・・・・朝もやが消えると、急速に温度が高まり、空一面が日本晴れに。稲刈りの後の芳しい匂いが、ここにも漂ってきます。秋の匂い・・・ご存じですか? 一度、高原の朝、ススキの原に立って、オナカいっぱいに秋の匂いを吸い込んでみてください。この犬の幸せを、人間にも。皆さんに語り伝えたい私の想いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


改めまして、ピピです。よろしく

2005/10/16 07:26
画像
 ★今、平成17(2005)年10月16日午前6時半、狭い木小屋から庭に出てきました。改めましてこんにちは、今、現在のピピです。最直近の写真でご挨拶します。 ★ここは、MZ氏宅の西庭です。南北に13bの運動索が敷いてあって、そこに1bほどの長さの抑制チェーンで繋がれています。 ★運動索の回りには障害物が全くありませんから自由に運動も出来ます。ですから来客の時には隅から全速力で歓迎の出迎えもいたします。驚かないでください。ホラ、尻尾、猛烈に振ってるでしょう。 ★是非、遊びに来てください。ごいっしょに鳴滝へ、宇甘渓へ、ハイキングに出かけましょう。そろそろ紅葉シーズンです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


狭いながらも楽しい我が家

2005/10/15 15:52
画像
 ★どう思ったのか? それから2週間も経った、9月のある日のこと。誰も気づかないウチに、ピピが犬小屋に入っています。実は、その頃、ねこが気に入り、毎日、入り込んでいました。そのためmz娘は「匂いがついたら、犬が余計入らない」とオカンムリで追い払うのに忙しかったのです。★ところが、なんと、あれだけ手こずったのに中に入って、しきりと入り口を齧っています。★あれほど嫌がっていたのに何故、今、急に??? みんなビックリしました。★本当のところは、ピピ自身に訊ねる外ないのですが、【天女教訓想起説】もあるのですが、【元新聞記者のカン説】は、新しい木の匂いが気に入り齧り始めたがいつの間にかからだがすっぽり中に収まった。「オヤ、いい感じ」というのが正解のように思うのですがどうでしょう。ともかく、それ以来、毎夜、キチンとこちらでお休みです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私が教えてあげるよ、ピピ、こうして

2005/10/15 15:26
画像
 ★「金網ケージだから落ち着かないのかも・・・」と、飼い主は、早速、木製の犬小屋を買い求めてきました。それから2ヶ月、中にお気に入りの人形を入れ、食事時には餌も入れ、何とか中へ導こうとしましたが全部、ダメ。★8月半ばになって、”天女”が舞い降りてきました。「私が教えてあげる。ピピ、こうするのよ」 ★ビックリしました。小学校4年生が犬小屋へ入るや、中で180度回転して、「ピピちゃん、おいて」 犬は人間の真似は出来ないが、人間は犬の真似が出来ることを初めて知りました。・・・・・・だけど、犬は喜んで見ているだけでした。(次項の続く)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ケージを嫌がるピピ

2005/10/15 15:16
画像
★新しくホームページを改造したキッカケにこれまで、最も苦労した話をまとめておきます。一番の問題はネグラでした。★寒さもおさまり、青葉がむせる頃になって、ピピのご宿泊所を物置の入り口に定めて、mz娘の部屋からケージを持ち出し、天気の日は外へ、雨天の時は戸口の中へ入れるようにしました。★ところが、ピピはこれを好まず、母屋の勝手口にどっかり腰を下ろして動きません。幸い夏に向かうシーズンでしたから、それも良かろう、と、そのまま好きにさせておきました。★「こrはいかん」と思ったのは、初めて台風が訪れた時です。折角、雨風をよけるように物置の中に設置したケージ小屋が気に入らず、入ろうとしません。(次項に続く)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Pipi 現在、10ヶ月。一見、”オトナ”と見紛う成長ぶりです

2005/10/10 12:16
画像
▼我が家のメンバーとなって、はや8ヶ月、誕生10ヶ月の Pipi は、このようにたくましく成長しました。未だ子犬の特性である、誰にでもジャレつき、「遊んで」とせがむ幼児性から抜けられませんが、見た目には”成犬”です。▼それでも、ぼつぼつ、社会性も身についてきました。ご近所の犬とも、付き合う態度の度合いが違います。何がそうさせるのか? 見当もつかないのですが、多分、俗に言う【ウマが合うか、合わないか】 まあ、この辺りの感じは人間と同じでしょう。▼そろそろ教育をキチンとしなければ・・・と思っています。「お座り」 「待て」 「伏せ」など、幾つかの命令はかなり忠実に従うようになりました。これから少し本格的に、とは、飼い主の弁。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小悪魔 Pipi です

2005/10/06 01:11
画像
 これが、問題の子犬です。飼い主は娘。早速、Pipi と名付けました。「可愛いヒビキ。いい感じでしょう?」 飼い主はご満悦です。▼だが、しかし。 「Pipi? たしかフランス語ではオシッコのことでは? 一度、辞書を引いてみたら」  私の思い違いかもしれませんが、ちょっと引っかかります。▼だが、しかし。今度は老妻まで加わって応援歌:「エエやんか、ピピって日本語や」 まあ、2対1です。民主主義は、異論対立の折りは多数決原理に従います。▼昨年12月半ば五つ子の一員で生まれました。それから三月後、厳寒の日に我が家にやってきました。母親から離れて泣いてばかり。「私の部屋で育てる」と娘の部屋で同居が決まりました。▼その翌朝、朝食に降りて、ダイニング・ルームの定位置に腰を下ろすと・・・何か足下が変?  ??? と、下を覗いてみますと、何と黒いクロワッサン・モドキが二つ、こんもりと。▼激怒した私は食欲も失せて2階の書斎に逃げ込みました。「名は体を表す。クソッタレ・ピピめ!」 テンヤワンヤのはじまりです。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

ピピと創る余生の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる